シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

看護部

先輩のメッセージ

実地指導者 小林千愛
がん看護専門看護師
 

初めて実地指導者を経験し、最初は新人看護師と関わりや指導に戸惑うことが多かったですが、日々コミュニケーションを大切にして過ごしてきました。新人さんが看護技術を習得できるよう一緒に技術練習をしたり、病棟スタッフに業務調整を依頼したりと成長をサポートしていきました。日々の新人さんとの看護実践や学びの振り返りの中で私自身も多くのことに気付かされます。実地指導の経験は、私自身の学びや成長の機会になっていると感じています。


教育担当者 大森のどか
がん化学療法看護認定看護師
 

令和元年度教育担当者として、新人職員の指導を行う実地指導者のサポートや病棟での教育支援体制を整える役割を担っています。
各研修生への研修前後での動機づけやOJTへの支援体制を調整する事が難しく、悩む事もありますが、同僚スタッフの協力も有り少しずつ研修生への支援体制も整えられてきています。
「教育は共育」という言葉を忘れずにスタッフがお互いに看護師として成長できる環境作りが出来るよう日々努力していきます。



副看護師長 家氏美奈子
がん性疼痛看護認定看護師
 

私は消化器外科病棟の副看護師長として勤務しています。周手術期の不安や疼痛のある患者様・ご家族に寄り添い、質の高い看護が提供できるようにスタッフと共に頑張っています。副看護師長としての経験も浅く、悩むことも多いため大変と感じることもありますが、それ以上にやりがいを感じることが出来ています。
これからもスタッフの育成をしながら自分自身も共に成長し質の高い看護が提供できるよう頑張っていきたいと思います。



看護部

ページのトップへ戻る