姫路医療センター附属看護学校

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-222-4530

看護学校

キャンパスライフ

年間行事
4月 ・入学式
・球技大会
・人間関係論(野外体験学習)
・防災訓練
・看護の日
5月12日は看護の日と制定されています。 改めて看護の心、ケアの心、 助け合いの心について考えることができます。
5月  
6月 ・あじさい杯(バレーボール大会)
7月 ・夏季休業(7月21日~8月31日)
・オープンキャンパス
・学生フォーラム
8月 ・夏季休業(7月21日~8月31日)
・オープンキャンパス
9月 ・オープンキャンパス
・学校祭
学校祭実行委員会を中心に、学生全員が参加して行われる行事です。 学習やクラブ活動の成果を発表する場であるとともに、 催し物、物品バザー、模擬店等を通じて、病院職員や学生同士の 交流が深まる場となり、学生生活の中で最も盛り上がる行事です。
10月 ・看護学会
看護や研究の視野を拡げるために学会に出席しています。 自分の行なった看護研究の発表の場でもあります。

・戴帽式
看護を志す決意を胸に、 灯火が輝くなか、ナースキャップを戴き、 喜びとともに新たな一歩を踏み出します。
11月 ・国立病院機構総合医学会
12月 ・冬季休業(12月25日~1月7日)
1月 ・冬季休業(12月25日~1月7日)
2月 ・看護師国家試験
3月 ・卒業式
・春季休業(3月25日~4月7日)



入学式

令和 4 年 4 月 11 日(月)に第 75 回生 40 名が入学しました。今年度は感染防止対策のため保護者の方には後日、オンデマンド配信で入学式の様子を見ていただきました




新入生歓迎会

令和 4 年 5 月 2 日(月)に 75 回生の歓迎と 3 学年の交流を目的に行いました。例年は球技大会でしたが、今年 度は学生が新たに企画運営した内容で実施しました。

≪1年生の感想≫
75 回生の歓迎会を開いていただき、自己紹介をした時はぎこちなかったですが、ジェスチャーゲームや雑談などを通じて先輩方と仲を深められました。その 後、学校周辺の散策をしながら、グループごとに考えたテーマに沿った写真を撮りに様々なところに行きました。個性あふれた写真が撮れました 午後からはプレゼンテーションを行い、写真に込めた思いを発表しました。先輩方との交流がもて、いろいろなことを知り、充実した一日でした。

≪実行委員長(2年生)の感想≫
この様々な写真はグループに分かれてメンバー全員が写るように撮ったものです。写真には先生方も写っていて、3 学年の交流だけでなく、先生方とも親睦を 深めるきっかけとなりました。コロナ禍が続いている状況で生徒同士が感染防止を意識しながら、行事を行うことができ良かったです。準備が大変でしたが、3学年が楽しく取り組んでいるのを見て、やりがいを感じることができました。

球技大会


赤ちゃん先生

平成 31 年度から母性看護学実習で赤ちゃん先生の授業を取り入れています 令和 4 年 4 月 21 日(木)に実施いたしました。

赤ちゃん先生

赤ちゃん先生を通しての学生の感想
母性看護学実習の一環として、赤ちゃん先生の授業を行いました。地域の母親をママ講師、赤ちゃんを赤ちゃん先生として招き、妊娠から出産に至るまでの出来事や、乳幼児の一日の生活についてご講義頂き、妊産婦の身体 的・社会的・心理的な変化について学ぶことができました。妊娠・出産は決して当たり前ではなく、奇跡の連続であることを再認識し、改めて「生命の尊厳」について考えることができた貴重な体験でした。


防災訓練 

令和3年4月27日に防災訓練を行いました。入学して間もない1年生はまだ学校の構造が分からないなか、上級生が誘導するなど助け合いながら避難することができました。消火訓練では消火器を使用できるようになりました。また、3年生主催の勉強会では、災害時の対応を学び、日常からの消火器の使用方法や避難経路の確認、報告・連絡・相談の重要性を改めて考える機会となりました。

防災訓練



看護の日 

今年度は新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、安全面を考慮した看護の日の活動を企画・運営に悩みながら取り組みました。しかし、このような状況だからこそ、一人一人の看護の心を育むことが必要であると考え、高校生に向けて正しい感染症対策について紹介した動画、パンフレットを製作しました。看護の日の実行委員を中心に、3学年で一致団結して1つのものを作り上げる過程で、一人一人が責任をもち、自分達が今できることを考えて行動することができました。

★手洗いの動画★ ★手指消毒の動画★



人間関係論(授業) 

人間関係論の授業では、講義の他に出された課題についてグループで取り組みます。出された課題に対してグループで協力しながら解決し、目標達成を目指します。グループメンバーと協力して課題達成した時は、とても達成感がありました。振り返りを行うことで、自己をみつめ、他者を理解し、コミュニケーションの重要性を学ぶ機会となりました。

人間関係論


学生フォーラム

令和3年7月9日に、第16回国立病院機構近畿学生フォーラムをオンラインで開催しました。「高めよう‼仲間と共に看護の技(わざ)」のサブテーマのもと、看護の技について意見交換や学校紹介を行いました。看護師を目指す私たちに求められる看護とはなにかについて様々な視点から意見を出し合うことで看護に大切なコミュニケーションや個別性、対象を理解することの重要性に改めて気づくことが出来ました。

一年生宿泊研修


看護学会

令和3年9月23日に3年生は第63回近畿地区国立病院看護学会に参加しました。今年度はコロナ禍のためオンラインで開催されました。
シンポジウムではコロナ禍であるからこその医療・看護の取り組みや求められることを学ぶことができました。学生によるケーススタディでは実践した看護を理論に合わせて考察された発表を聞き、自己の看護を深める機会になりました。今年度は姫路医療センター附属看護学校の学生の口述発表が優秀賞を受賞しました。
貴重な経験で得た学びを今後の看護実践に活かしていきたいと思います。

看護学会



学校祭

令和3年9月24日に第55回国姫祭を開催しました。
今年は「The sky is of the limit〜無限の可能性〜」をスローガンに、様々な制限のある中で工夫を凝らしながら3学年が交流を深められるような学習会と交流会を行いました。また、今年もコロナウイルス感染拡大防止のため、各グループで教室を分けオンラインで行いました。学習会では、それぞれの学年が学んだ事を発表し、グループで意見交換や発表を行い3学年で学びを深めることができました。交流会では、ビンゴ大会や、イントロドン、クイズなどのゲームを通し今まで以上に3学年の交流を深めることができました。

一年生宿泊研修



戴帽式

令和3年10月5日、第74回生の戴帽式を開催しました。学年全員で看護師になるという決意を誓いました。戴帽式を行えたことに感謝し、誓いの詞を胸に、48名で努力していきます。

戴帽式



姫路市合同防災訓練 今年は新型コロナウイルスの影響で中止となりました

令和元年11月10日に、「姫路市合同防災訓練」に参加しました。災害が多い近年において、災害発生を想定した訓練から、被災者や関係機関の対応を学び、看護師の役割を考えることができました。

戴帽式



第111回看護師国家試験を受験して

令和4年2月13日に第111回看護国家試験がありました。新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、感染対策をしっかりとしながらグループでお互いの苦手な分野の問題を出し合ったり、友達同士での問題の解説を行いました。
国家試験前には母体病院の看護師、医師、学校教員、後輩から沢山の応援をいただきました。模試の点数が伸びず不安な時も多かったのですが、先生や家族、学校の友達の支えがあり国家試験に挑むことができました。
今後看護師になるにあたって、これまで友達と頑張ってきた日々を思い出しながら、切磋琢磨していきたいと思います。

防災訓練


卒業式

令和3年3月9日(火)に第71回卒業式が行われました。感染拡大を防止するために、在校生と保護者の方にはオンラインで参加をしていただきました。第71回生は、4月から看護師としてスタートします。

卒業式


在学生の声

1年生:74回生

私たち74回生は、クラス目標を「お互いに切磋琢磨して成長する」に決定しました。テーマは、「せつ」です。積(せつ)極的に行動することや誰にでも親切(せつ)にすることの意味が込められています。  
新しい環境に慣れてきつつも、まだまだ初めてのことが多く、不安に感じることもありますが、クラス全員がお互いに尊敬しあい、成長できるように頑張ります。



2年生:73回生

私たちの今年度(前期)の目標は「後期からの実習に向けて、各々が勉強、体調管理をしっかりする。」です。2年次の実習ではより高度な技術や知識が必要となります。常に明確な根拠をもって、看護計画を展開しそれらを実践できるよう、日々の学習で準備を整え、健康を守る立場であるという責任と自覚をもち、まずは自身の体調管理を徹底し、実習に臨もうと思います。さらに中心学年として学校全体を支えられるよう一人一人がステップアップしていきたいと考えています。



3年生:72回生

私たち72回生は5月から領域実習が始まります。昨年度はコロナ禍で今までと同じような実習はできませんでしたが、限られた環境で看護について学びを深めることができました。学内実習だからこその学びもあり、5月から始まる領域実習では、今までの実習の学びを生かして、より患者さんに寄り添った思いやりのある看護を実践して行きたいです。また今年度は国家試験もあるので全員で合格できるよう72回生全員で協力して頑張ります。



キャンパスライフ

  • ページのトップへ戻る