シンボルマーク姫路医療センター附属看護学校

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-222-4530

看護学校

科目・単位

教育内容・単位数

一覧表はこちら




成績評価  
  • 単位修得の認定は、認定に必要な時間数を満たし、試験に合格した者に与えます。
  •  
  • 出席時数が授業時数の3分の2以上出席し、レポート等課されたものを提出すれば評価を受ける資格があります。
  •  
  • 評価は所定の授業が終了した科目について行います。
  •  
  • 試験は、筆記、口頭、レポート及び実技などの方法で行います。
  •  
  • 試験及び臨地実習の評価は、1科目100点満点とし60点以上を合格とします。
  •  
  • 授業科目の評価は「可」以上が合格となります。
  • 80点以上
    70点から79点
    60点から69点
    不可60点未満



    実務経験のある教員等による授業科目の一覧表
    NO. 授業科目名 授業単位等 実務経験等
    単位数 時間数 職種名 実務経験
    1 病態アセスメント演習 1 30 看護師 病院での看護実践
    2 看護学概論 1 30 看護師 病院での看護実践
    3 対象理解演習 1 30 看護師 病院での看護実践
    4 基礎看護技術論 1 30 看護師 病院での看護実践
    5 看護共通基本技術 1 30 看護師 病院での看護実践
    6 生命維持援助基礎技術 1 30 看護師 病院での看護実践
    7 日常生活援助基礎技術 1 30 看護師 病院での看護実践
    8 診療補助基礎技術 1 30 看護師 病院での看護実践
    9 看護過程演習 1 30 看護師 病院での看護実践
    10 臨床看護基礎技術演習 1 30 看護師 病院での看護実践
    11 成人看護学概論 1 15 看護師 病院での看護実践
    12 老年看護学概論 1 15 看護師 病院での看護実践
    13 看護実践演習 1 30 看護師 病院での看護実践
      合計 13 360    



    シラバス
    1. 基礎分野
    2. 専門基礎分野
    3. 専門分野
      基礎看護学
      地域・在宅看護論
      成人看護学
      老年看護学
      小児看護学
      母性看護学
      精神看護学
      看護の統合と実践
    4. 臨地実習


    国家試験合格率
    平成29年
    第106回
    平成30年
    第107回
    平成31年
    第108回
    令和2年
    第109回
    令和3年
    第110回
    令和4年
    第111回
    本校合格率 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 96.9% 100.0%
    全国平均 88.5% 88.5% 91.0% 89.3% 90.4% 91.3%


    卒業後の進路・資格  

    1.看護師国家試験受験資格が得られます。
    2.専門士(医療専門課程)の称号が得られます。
    3.保健師・助産師学校、大学編入の受験資格が得られます。

    【令和3年度 主な就職先】
    施設 割合
    独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター 76.1%
    神戸医療センター
    兵庫中央病院
    兵庫あおの病院
    大阪医療センター
    京都医療センター
    国立研究開発法人 国立循環器病研究センター 6.5%
    地方独立行政法人 加古川中央市民病院 6.5%
    公益財団法人田附興風会 北野病院 2.2%
    その他 2.2%

    *兵庫県内就職率:78.3%、県外就職率:13.0%

    【令和3年度主な進学先】
    学校 割合
    独立行政法人国立病院機構京都医療センター附属看護助産学校 助産学科 6.5%
    神戸市看護大学 3年次編入学
    熊本大学 養護教諭特別別科

    臨地実習

    臨地実習

    臨地実習目的

    看護学で学んだ知識・技術を統合し、対象に応じた看護を実践できる能力を身に付ける
    保健医療福祉チームの中での看護の役割を自覚し行動できる態度を身に付ける

    臨地実習目標

    1. 看護の対象を全人的に理解し、対象とのケアリング的関係性を形成する能力を身に付ける
    2. 対象の健康レベル向上に向けて、看護を科学的に実践するために必要な能力を身に付ける
    3. 保健医療福祉チームにおける看護師の役割を理解し、チーム医療を実践するために必要な能力を身に付ける
    4. 看護専門職としての責任を自覚し、倫理観に基づいて行動できる能力を身に付ける

    学内・臨地実習の様子

    実習風景1

    実習施設のご紹介

    Image description



    科目・単位

  • ページのトップへ戻る