シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

看護部

教育体制

Image description

教育理念

 病院・看護部の理念に基づき、専門職業人として倫理観に基づいた豊かな人間性と社会性を備え、信頼される質の高い看護サービスができる看護師を育成する。また、自己のキャリア開発ができる看護師を育成する。


教育方針
  1. 人の尊厳および権利を尊重し、自ら看護実践能力の研鑽ができる人材の育成
  2. 変革する医療を取り巻く社会に対応するための病院の経営ニーズを理解し行動できる人材の育成
  3. 看護の専門家としての科学性、倫理観、創造性に基づくケア技術を提供し患者に寄り添う感性をもつことができる人材の育成

教育担当看護師長

奥田 貴子
 看護部は、パートナーシップマインドをモットーに看護職員全員が日々の看護実践場面を通して、看護を語り合い、共に成長できる職場作りを目指しています。新人看護師には、サポート役として実地指導者、教育担当者を配置し、看護技術習得の支援だけでなく、身近な相談者となり職場環境に適応できるよう支援しています。教育担当看護師長として各職場の看護師長、教育担当スタッフ等と連携し、職場の教育支援体制が整えられるよう努めています。

 

看護職員の能力開発(研修)体系図

Image description
こちら(PDFImage description)でご覧いただけます。


令和元年度教育計画の方針

看護職員の力開発プログラム(ACTyナース)に示すキャリアラダーの目標達成を目指せるプログラムとした。

  1. 看護職員能力開発プログラム、ラダーレベルⅠ~Ⅴの達成目標に基づき、当院 看護部の教育理念、求められる役割をふまえて研修を企画・運営する。
  2. 教育担当師長が主体となり専門分野、各職場の教育支援者と協働して研修計画を立案・実施し、継続教育を行う。
  3. 看護のリフレクションによる成長を重視したプログラムとしている。

ラダーⅠ(新人)コース
4月・専門職業人としてのマナー(接遇・健康管理・時間管理・目標管理)
・感染防止 ・医療安全
・教育体制 ・看護倫理 ・看護記録
・看護技術演習(移乗動作、ポジショニング)・高齢者看護
・IVナースレベルⅠ(静脈注射、持続点滴の管理)
・仲間作り
5月・リフレッシュ院外研修
6月・看護のリフレクション(テーマ:印象に残った看護)
7月・急変時の対応 BLS
・倫理的看護記録 
9月・フィジカルアセスメント(呼吸)
10月・輸液ポンプ、シリンジポンプの管理(IVナースレベルⅠ)
11月・看護のリフレクション(テーマ:看護倫理)
1月・IVナースレベルⅡ(静脈留置針による穿刺、CVカテーテル管理)
2月・まとめ テーマ:「その人らしさを支える看護」


ラダーⅡ
6月・看護のエビデンス
7月・フィジカルアセスメント
10月・メンバーシップ
12月・終末期看護
2月・まとめ テーマ:「エビデンスに基づいた看護とは」


ラダーⅢ
6月・看護倫理 テーマ:高齢者の意思決定支援
9月・退院支援
11月・リーダーシップ (日勤リーダーシャドウイング)
・後輩支援
1月・まとめ テーマ:「自部署の看護力を高めるための自己の役割遂行」


ラダーⅣ
5月・意思決定支援の理解(文献検討)
9月・倫理的意思決定支援(臨床倫理4分割による事例検討)
2月・取り組み発表 テーマ:「意思決定を支える看護とは」


ラダーⅤ
7月・問題解決思考の理解
・看護マネジメントの理解
3月・成果発表 
テーマ:「自部署の看護サービスを向上させるための自己の取り組み」




研修会のご案内


2016年 政策医療プロジェクト(がん看護)教育プログラム

    平成28年8月~平成29年3月 14回開催






看護部

ページのトップへ戻る